So-net無料ブログ作成
塩椎神しおつちのかみ ブログトップ

宮崎県日向市美々津 知恵の神さま [塩椎神しおつちのかみ]

 塩椎神しおつちのかみ


山サチ・海サチの『幸』とは『道具』という


意味だそうです。海や山の『獲物』


という意味にもなって


います。つまり


は道具が


『幸福』を呼びよせるという意味。『道具』


には『神霊』が宿りその力に


よって獲物(幸福)


が得られる


、と考えていたのでしょう。道具とは単なる


『モノ』とは違うという捉え方です。


兄の宝物である釣り針


を無くして


しまう


ホオリノミコト、一大事件であったろうと


思われます。神話ではその後塩椎神


(しおつちのかみ)が現れホオリ


に策を伝授します。


塩椎神とは


海の神で


知恵を授ける製塩の神とされています。この人物


は神武東征にも登場して『東によき国が


ある』と勧めます。(しおつち


おじ神)(別名、


塩土翁神しお


つちのおじ)


宮崎県日向市美々津町字上町

2.jpg
http://miyazaki.daa.jp/

塩椎神しおつちのかみ ブログトップ
Copyright © 宮崎 神話 観光 アクセス情報ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。