So-net無料ブログ作成
石長姫 いわながひめ ブログトップ

宮崎県西都市 銀鏡(しろみ)神社 もう一人の姫 [石長姫 いわながひめ]

石長姫いわながひめ

迩迩芸命(ニニギノミコト)による降臨に


よって中つ国を無事に平定。


その後、天つ神


(高天原)


国つ神


(葦原中国)の婚姻(木花佐久夜姫)の成立により


二つの文化の融合がなされました。


二つの文化が重なった


結果誕生した


のが海幸・


山幸ら


三人の子たち(ホデリ・ホスセス・ホオリ)


佐久夜姫の父である大山津見神は


婚姻に際し佐久夜の姉


の石長姫


(いわな


がひめ)


も同時に嫁がせました。しかしながらこの


石長姫はお面が醜かったので


迩迩芸命はすかさず


送り帰したそうです。


大山津見神の


親心と


気配り


だったのですが、この件が原因なのか定かで


はありませんが迩迩芸命の子孫


は、脆く儚いものに


なったそ


うです。


銀鏡神社(しろみじんじゃ) 【西都市】西都市大字銀鏡

眼鏡神社.JPG


駐車場 駐車場又は駐車スペース有

アクセス・所要時間 市役所から車で約60分

問い合わせ先 銀鏡神社(0983)46-2123

GPS N=32/15/26 E=131/15/16辺り


石長姫 いわながひめ ブログトップ
Copyright © 宮崎 神話 観光 アクセス情報ナビ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。